予約殺到 スゴ腕の専門外来 もやもや血管とは 11月28日

中年以降になると、腕をあげようとすると痛みがしてそれ以上あげることができないという五十肩に悩む人が増えてきます。この原因としてもやもや血管が関係しているそうです。一体、もやもや血管とはどんなものなのでしょうか。

五十肩とは

五十肩とは、多くの場合50代で発生する肩関節の痛み、そしてそれによる可動域の制限を伴う病気の総称です。

肩こりと似ていますが、違います。

五十肩は正式には肩関節周囲炎といい、その名の通り肩の関節に起こる炎症による疾患です。

一方で、肩こりというのは首の付け根の筋肉の疲労による症状のこと。主に僧帽筋に起こる。これは人間の背中から肩、首の後ろ側の表層にわたる筋肉です。

五十肩の痛みは、ある日突然起こることもありますし、じわじわとくることもありますが、どちらかといえば徐々に痛みが出てくる場合が多いです。

スポンサーリンク


もやもや血管とは

五十肩や肩こり、膝の痛み、腰痛など、長引く痛みの原因の90%はもやもや血管ではないかと、ある医師は言います。

その医師とは奥野祐次先生。1981年生まれ、埼玉県出身。慶應義塾大学医学部卒業。2017年10月Okuno Clinic.を開設し院長に就任。 

奥野先生によると、もやもや血管とは人の体にできてしまった「異常な毛細血管」のことです。

ちなみに、脳の血管の病気である「もやもや病」とは関係ありません。


(https://www.itami-torou.com/column/?id=1441603271-990711)

正常な毛細血管は、整然と人の体の隅々にまで網の目のように張り巡らされていますが、もやもや血管はグチャグチャとしていて、過剰に増えてしまった状態になっています。

これが「もやもや」して見えるためにもやもや血管と名付けられました。

1年や2というスパンで痛みが続く場合、このようなもやもや血管がその箇所にできてしまっているそうです。

スポンサーリンク


もやもや血管で痛むのはなぜか

五十肩や膝の痛みという、長く続く痛みのある箇所にできるもやもや血管。

人の体は血管が新たに作られるとそのあとに神経線維が血管に沿って伸びていくようにできています。

長引く痛みで、このように血管と神経がともに増えているという報告がされてきました。

このもやもや血管の周りにできる神経線維のことを、「ポリモーダル受容器」といい、これが痛みの伝達に関与しているのです。

したがって、この血管を減らすことにより、結果的にその周りの神経線維(=ポリモーダル受容器)を減少させ、最終的に痛みを軽減させることができると考えられます。

もやもや血管の治療-運動器カテーテル治療

人の体は、炎症が起こると普段は見られないような異常な血管が増殖してきます。さらにその血管の周りには前述したような神経線維が増えてきます。

この「血管と神経」の組み合わせが増えてしまうと、その場所にある細かい神経線維が興奮状態になり、痛みの信号が脳に伝達されてしまいます。

このために、腕を上げる、階段を上り下りするという、それまでは痛むことのなかった日常動作をしても痛みが発生することとなります。

この症状を改善するため開発された方法が「運動器カテーテル療法」です。

これは、1mmに満たないほど細く柔らかなチューブをもやもや血管のすぐそばまで進めていき、薬剤を注入してその炎症症状を抑え、異常な神経の興奮を沈静化させる治療です。

カテーテル治療と聞くと、大きな手術であるように思いがちですが、この治療は体への負担が非常に少ないそうです。局所麻酔を用いて、入院ではなく日帰り治療で済みます。治療時間は40から1時間程度。

最新の痛み治療『運動器カテーテルのススメ』

もやもや血管のチェック方法

以下の10項目のうち、2つ以上当てはまる場合、もやもや血管が、「ほぼ間違いなく」存在しています。

□自分の指で押してみると、明らかに痛い場所がある (押す強さは、自分の爪の色が白くなる程度)
□じっとしているときも痛い
□夜寝ているときに痛い
□朝起きたときの動きだしが痛い
□動き始めが痛い 動かしてしばらくすると改善する
□痛みの性質はズキズキ、ジンジン、チクチク、重い、などのように表現できる
□痛い場所が赤くなることがある、腫れることがある、腫れている
□天候によって痛みが変わる クーラーに当たると痛い
□お酒を飲んだあとor次の日に痛みが増す
□激しく運動した後に痛みが増す

スポンサーリンク


まとめ

五十肩を始めとする慢性的な痛み。それにはもやもや血管が関係しているのですね。これにより痛みが発生するメカニズム、治療方法を紹介しました。

長年このような痛みでお悩みの方はいちど奥野先生のクリニックを訪ねてみてはいかがですか。

関連記事
▶︎インフルエンザ予防接種で腫れる場合、冷やすのは効果的?
▶︎林修の今でしょ!講座 筋肉貯金 10月31日
▶︎美コア 山口絵里加 動画
▶︎たけしの家庭の医学 高コレステロール血症と青魚 10月24日
▶︎たけしの家庭の医学 便秘の新常識 10月24日