2017 FNS歌謡祭 BoA 12月6日

12月6日の「2017 FNS歌謡祭」に出演したBoAの軌跡や最新情報について紹介しています。後続するK-POPブームの走り的存在となった彼女の歩みを振り返ります。

BoAのかんたんな情報

BoAは1986年11月5日生まれの31歳。本名は權寶雅(クォン・ボア)。身長162㎝。

韓国、日本、アメリカで活動しており、それぞれ事務所はS.M.ENTERTAINMENT、avex trax、SM USA。

2000年に韓国デビュー、そして翌年2001年に日本デビューを果たしました。『ID; Peace B』でデビューシングルで、当時まだ14歳であどけない印象でしたね。

そして、次々と立て続けにヒットを飛ばしていきました。2001年の間にセカンド『Amazing Kiss』、サード『気持ちはつたわる』をリリース。

2002年には『LISTEN TO MY HEART』『Every Heart -ミンナノキモチ-』『VALENTI』『奇蹟/NO.1』『JEWEL SONG/BESIDE YOU -僕を呼ぶ声-』と怒涛のリリースラッシュ。

おそらくBoAの曲の中で知名度の最も高い曲の一つ『メリクリ』は15枚目で2004年12月のリリースでした。

現在BoAは31歳、すっかり大人の女性になりましたね。

スポンサーリンク


BoAと韓流ブーム

#ELLE #caudalie

BoAさん(@boakwon)がシェアした投稿 –

韓国よりも先に日本でスターダムへ登りつめたBoAは、その後の日本におけるK-POPブームの礎を築いたと言えるでしょう。BoAのデビューの後、2003年に東方神起、2007年に少女時代がS.M.ENTERTAINMENTからデビューしていきました。またS.M.ENTERTAINMENTではないですが、KARAやBIGBANGなどもそうですね。

現在は第2次韓流ブームとも言われ、これを牽引しているのが2017年日本デビューを果たしたTWICEBLACKPINKなどのガールズグループです。

最近の若者の間では、ファッションやメイクなど韓国発信の流行を取り入れるのが、もはや当たり前の光景となっていますが、このような道を開拓していった人物の1人がBoAなのでしょうね。

当時からすると到底考えられないくらい韓国のトレンドやカルチャーが日本に浸透してきましたが、これにBoAが及ぼした影響は極めて大きいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


BoAの最新情報

そうだ!やるんだ!! 楽しみだね🤗🤗💕

BoAさん(@boakwon)がシェアした投稿 –

2007年から始まった”いい歌と演奏を届けるライヴ”をテーマにした「BoA THE LIVE」が、2018年3月15日のZepp Sapporoを皮切りに、待望の5都市7公演の全国ツアーとして開催が決定しました。

すべてのライブチケットとミニアルバム『Unchained』がセットになっているそうです。

また2018年初旬9thアルバム『私このままでいいのかな』のリリースも決定しました。日本語のタイトルというのは初ではないでしょうか。しかも、今までのBoAのイメージとはかなり趣を異にするニュアンスで興味を惹かれますね。

『BoA THE LIVE 2018 ~Unchained~』 ツアースケジュール

2018年
3月15日(木) Zepp Sapporo 開場18:00/開演19:00
3月21日(水・祝) 福岡国際会議場 メインホール 開場17:00/開演18:00
3月23日(金) Zepp Nagoya 開場18:00/開演19:00
3月30日(金) Zepp Osaka Bayside 開場18:00/開演19:00
3月31日(土) Zepp Osaka Bayside 開場15:00/開演16:00
4月3日(火) Zepp Tokyo 開場18:00/開演19:00
4月4日(水) Zepp Tokyo 開場18:00/開演19:00

チケット料金
全席指定(CD付き) ¥9,800-(税込/入場時、別途ドリンク代必要) 

※チケットはすべてCD(ミニアルバム)とのセットになります。CDは公演日当日お渡しします。
※6歳以上有料、6歳未満入場不可
※録音・録画機材(携帯電話)使用禁止
※営利目的の転売禁止

(BoAオフィシャルサイトより)

スポンサーリンク