LINEが送信取り消し機能を公開

LINEが12月13日(水)、間違って送ったメッセージやスタンプを24時間以内なら取り消すことができる「送信取り消し機能」をリリースしました。1対1でのトーク、グループトーク問わず、24時間以内なら送信したメッセージを取消すことが可能です。新機能の使い方、ユーザーの反応を紹介。

送信取消機能

LINEは送信取り消し機能を実装。

その名の通り、送信したメッセージを取り消すことができる機能です。

これはかなりインパクトのあるアップデートですよね。今までLINEはこれを頑なにしてこなかったのですから。

嬉しいアップデートであることに間違いはないのですが、”誤爆”というのがLINEを特徴付けるものであったような気もします。

LINE特有の文化というか。

そう考えると、なぜか少し寂しい気もするのは僕だけでしょうか。

では、具体的に取り消しかたをみていきましょう。操作は至って簡単。

誤送信したメッセージを長押しし、送信取消を選ぶだけです。

未読、既読に関わらず削除できます。そのあとは自分の端末からも、相手の端末からもメッセージが表示されなくなります。

ただ、取消後には、「メッセージの送信を取り消しました」との表記がトークルーム上に表示されます。

取り消すことのできる対象は、24時間以内に送信したテキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴。

送信取消機能の追加により今後LINEの使い方が大きく変化するかもしれないですね。

スポンサーリンク


LINE誤爆について

”誤爆”とまではいかずとも、LINEを使っていて間違って送信してしまった経験は誰しもあるのではないでしょうか。

「…です」を「…でし」と語尾を誤入力したり、「…で水曜」と予測変換をそのまま入力してしまったり。

そして、送ってしまったら見つめるしかできないのですよね笑

「あ」

て。

その後、急いでフォローするか放置するかは送った相手によって変わるでしょうか。

また、そもそもLINEは即時的な日常会話をするというのが目的のアプリですからメッセージ入力欄も基本的に小さいのですよね。

どちらかと言えばツイートなどのように、一言で終わるようなメッセージが適しているインターフェースです。

だから、長文を打つと誤字・脱字に気付きにくいのですね。

でも、このような誤爆を逆手にとった使い方をしている強者もいるみたいですね。

例えば、好きな人がいるとして、その人に「好き」と誤爆のふりをして伝えるというような。

そういう類の使い方。

そんな駆け引きの仕方もあったのですね。それが今回のアップデートでやりにくくなってしまうのは残念ですね。

というか、さらに応用範囲が広くなった?

どちらにせよ、ユーザビリティというのは確かに向上すると思うのですが、誤爆というイベントがなくなるのはやはりLINEの特色が損なわれる気がします。

サービス開始からユーザーも拡大してきたでしょうからそのニーズに合わせて変わっていくのも大事なことなのでしょうけどね。

スポンサーリンク


ユーザーの反応

送信取り消し機能について皆さんはどういう反応をしているのでしょうか。

ユーザーの声を紹介します。

基本的に歓迎する人が多いですが、削除したことを相手に知らせる通知が表示されることに納得のいかない人も多数いるようです。

スポンサーリンク


関連記事
▶︎林先生 初耳学|LINE本社  2017年11月5日