福田事務次官 女性記者の年齢をCheck!

こんにちは、エルです。お越しくださりありがとうございます。

さて、セクハラ疑惑で辞任に追い込まれた福田淳一事務次官(以下、福田次官)ですが、その相手の女性記者について注目が集まっています。

女性記者とはどんな女性?

年齢は?

ここでは、セクハラ疑惑の一連の動き、福田次官の発言・行動やそれへの批判、セクハラ被害を受けた女性記者はどんな人物なのかについてご紹介しています。

スポンサーリンク


福田事務次官のセクハラ疑惑をめぐる一連の動き

まずは今回のセクハラ疑惑について時系列でまとめてみました。今回の問題の流れがわかります。

福田次官がセクハラ発言を繰り返していると週刊新潮が報道


4月12日、週刊新潮が財務省の事務方トップ、福田次官のセクハラ疑惑を報じました。

財務省は森友問題で批判が高まっていました。それに対して、さらに拍車をかけるような形になりました。これによって財務省の信頼は完全に地に落ちました。

週刊新潮が福田次官の発言とする音声データをネット上に公開

13日、福田次官とされる音声データがネット上に公開されました。そこには次のような発言が収められていました。ハッキリ言って、同じ男性が聞いていても嫌な気になります。女性ならなおさらでしょう。

「胸触っていい?」「縛られたい?」

何を言っているんですか、このおっさんは?記者に有益な情報を提供する立場というのを利用して。サイアクですね。

財務省が福田次官からの聞き取り調査の結果を公表


16日、財務省は「女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない」と事実関係を否認しました。福田次官は辞任しないという意向でもありました。

そして、財務省は次のような行動に出ました。記者クラブの加盟社に対し、女性記者が福田次官からセクハラを受けたことを、同省が委託した弁護士に連絡して欲しいと調査へ協力を要請したのです。

つまり、女性記者に対して被害者は自分であると名乗り出てくるように依頼したのです。被害女性の申し出がない限りは事実確認ができないと。

野田聖子総務相が財務省の調査手法を批判


17日、野田聖子総務相が閣議後の会見で財務省の調査手法を批判しました。次のように言っています。

「セクハラの被害者は家族にも相談できないのが現実。加害者側の関係者に話をしにいくのは普通ではできない」

福田次官への調査が不十分なまま、被害者に名乗り出るよう求める調査手法はおかしいと指摘したのです。デリケートな問題ですもんね、こういうのは。勇気がいるわけですよ。

昨今の「#MeToo」とか知らないのですかね?

同じく小池百合子東京都知事も次のようにコメントしています。

(財務省が女性記者側に)「名乗り出よ」と言うことには非常に違和感を感じる、と。このように財務省の調査手法に対しては多くの批判が寄せられました。

福田次官が辞任を表明


18日午後7時前、財務省エレベーターホールで報道陣を前に福田次官が辞任を表明。

「報道が出ること自体が不徳の致すところで、いまの職責を全うすることはできない」と辞任の理由を述べました。

しかし、こうも言っています。

「週刊誌報道は事実と異なるものと考えており、裁判の中で争う」

つまり、セクハラ自体は認めていないのです。なめとんのか?という発言です。

というか、辞任の理由がよく理解できません。理解できる人、いますか?しかも、結局辞任するんかい!て話です。これに対しても批判されています。

石破茂・元自民党幹事長は次のように述べています。

「あの全否定は何だったのか?自らの心に照らして辞めるべきだというなら、早い方がよりよかった」

ある女性議員もコメント。

「辞めるのが遅すぎる。女性の反応はかなりひどくなるだろう。正直言って、森友・加計問題より影響は大きい」

閣議で正式に辞任が認められる

24日、政府は閣議で福田次官の辞任を承認しました。福田次官がセクハラをしたかどうかについては調査を続けるとして認定はせず、処分を先送りにしました。

財務次官が引責辞任するのは1998年の旧大蔵省時代の接待汚職事件以来、20年ぶりになります。福田次官が辞任することにより得られると言われる退職金は約5300万円。これの出どころは税金です。退職金がこのまま支払われるのが果たして妥当なことなのか、国民は納得するのかと批判を浴びていますが、以下のように条件はつけられているそうです。

調査の結果、懲戒処分に相当すると判断した場合は約5300万円にのぼる退職金を減額すること。そのため、退職金の支払いを当面留保することを福田次官に伝え、了解を得ているとのことです。

次はセクハラ被害を受けた女性記者について。

スポンサーリンク


福田事務次官にセクハラされた女性記者 年齢などは?

女性記者はテレビ朝日の進優子


福田次官が辞任を表明した18日夜、テレビ朝日は福田次官を取材した女性社員がセクハラ被害を受けたと「報道ステーション」で明らかにしました。

ただ、この女性記者の実名については公表していません。なぜならそうすることによって二次被害が発生してしまう恐れがあるから。

しかし、思わぬところから実名があがってしまいました。

民進党大塚代表の会見で記者が発言

女性記者は進優子・テレビ朝日記者の画像を入手!“>テレビ朝日の進優子です。どうやってわかったのでしょう?

民進党の大塚耕平代表が記者会見をしているとき、フリーの記者である堀田氏がテレビ朝日の女性記者の名前を口にしたのです。

その時の動画がTwitterに投稿されていますが、堂々と進優子の名を出しています。ぽろっと言ってしまったとかではなく。

現在進優子本人が認めているわけではないので、今後の展開が気になってしまいます。

女性記者の年齢は?

進優子はテレビ朝日の記者。人気女子アナなどならいろんな情報がネットにありますが、さすがに記者の詳しい情報はなかなかありません。画像もわずかにある程度。

申し訳ないですが、年齢も正確にはわかっていません。30代と推定されています。画像をみれば、確かにそれくらいであることがわかります。美人な方ですよね?

こんな女性と2人きりで話をするとなると、もしかすると福田次官でなくともイチコロなのかもしれませんね。ハニートラップ説までありますし

最後に、福田次官の「言葉遊び」をめぐるやりとりをまとめておきます。

福田事務次官のやりとりまとめ

音声は自分のものと認めるのか?

「自分の声は自分の体を通じて聞くのでよくわからない」

確かに、録音・録画された自分の声を改めて聞いてみたとき、強い違和感を覚えるというのはわかります。多くの人が経験するところだと思います。

でもね、言葉の使い方やリズムや強弱などでそれが自分ってことはわかります。

録音のような発言をした記憶はないか?

「あんなひどい会話をした記憶はない」

政治家の常套句ですね。

セクハラに対する認識が甘いのではないか?

『「言葉遊び」のところが批判を受けて、なるほどいまの時代はそうなのかと』

え??

なぜ報道から辞任まで1週間もかかったのか?

「信じることを言うことによって、打開できるのではないかと考えた」

え??笑

ちょっとよく理解できないです。

まとめ

福田次官がセクハラをしたとされる女性記者はテレビ朝日の進優子であるらしい。あくまで本人が言っているわけではないですが。年齢など詳細については、今のところわかっていません。

4月12日、福田次官のセクハラ疑惑が週刊新潮に報じられ、最終的に18日、辞職を発表。24日、正式に辞任が閣議で認められました。

しかし、福田次官はセクハラそのものは否定するスタンス。それに対し、18日夜、「報道ステーション」がセクハラ被害があったとの会見を開きました。

この問題はまだ幕を下ろしていません。財務省の女性を軽視する調査手法は批判の的となり、女性蔑視の発想に対し今後も波紋を広げていきそうです。そして福田次官は裁判で争うと言っていますよね。

様々な点で今後も注目していきたいと思います。それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

関連記事
福田事務次官の音声データ編集は不自然?
進優子・テレビ朝日記者の画像を入手!
福田事務次官の家族構成をCheck!
新潟県知事 女性問題の真相はいかに?
新潟県知事の女性問題 相手の名前は?
山口達也が女子高生にわいせつで書類送検??

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です