日大フェニックス 宮川泰介の住所は?

こんにちは、エルです。お越しくださりありがとうございます。

初めてテレビでこのニュースを見たときは、ここまで大きな問題に発展するとは思いませんでした。

アメフトの試合で、日大フェニックスの宮川泰介選手が関西学院大学の選手に対し悪質なタックルをくらわせ負傷させた事件。

ネットでは宮川泰介選手の住所を調べようとするユーザーもいます。確かにスポーツマンとしてあるまじき行為。

なぜそのような行為に及んだのか。5月22日、東京都千代田区の日本記者クラブで本人が記者会見を開き、真相を語りました。

スポンサーリンク


日大フェニックス・宮川泰介選手が記者会見で謝罪

22日、日大の宮川泰介選手が会見を行いました。本人が直接会見するのは異例なことですが、顔を出さないと相手選手とその両親に対して謝罪にならないと考え決意。

そこでは監督やコーチから精神的に追い詰められていく当時の心境が語られました。

悪質タックルに至る経緯


5月3日。監督から「やる気があるのかわからないので試合に出さない」と言われ、実戦形式の練習を外される。

5月4日。監督から「日本代表に行っちゃダメだよ」と代表を辞退するよう言われる。

5月5日。コーチから「監督に、相手のクオーターバックを1プレー目で潰せば出してやると言われた。『クオーターバックを潰しに行くんで僕を使ってください』と監督に言いにいけ」と言われる

5月6日。コーチから言われたように監督に伝え、監督からは「やらなきゃ意味ないよ」と告げられる。コーチからも「できませんでいたじゃ済まされないぞ」と念を押され、試合に出場し、悪質タックル。その後もラフプレーをし、反則で退場となる。

謝罪

黒いスーツであらわれた宮川泰介選手は、けがをさせた関学選手とその家族に対して謝罪し、約20秒もの間頭を下げ続けました。

そして悪質タックルに至る経緯を自らの口から語りました。試合後は自責の念からか涙を流している映像も撮影されてました。タックル直後は何も考えられずに、クオーターバックがけがで交代したことにも気づかなかったと言います。それだけ追い詰められた結果の行動だったわけです。

ただ、「たとえ指示されたとしても、私自身がやらないという判断をできずに反則行為をしてしまったことが原因」と、あくまで自身の責任であることを述べ、再び頭を下げました。

退部を決意

最終的に退部の意向を伝えました。「アメフトを続ける権利はない」として、過去にはU-19の日本代表選手にも選ばれるほどの実力だったアメフトから退くことを決めました。

これだけの問題になったわけですから続けることは難しいでしょう。ただ、宮川泰介選手、会見を見ているとそんなに悪い人物ではなさそうです。どちらかといえば誠実そうで。それだけスポーツのコーチや監督という立場の人間の影響力は大きいのですね。

スポンサーリンク


日大のコメント

日大はコーチから「潰せ」との言葉があったのは事実としながらも、それは文字通り相手にけがを負わせたりする意味ではなかったと主張。つまり、宮川泰介選手が誤って解釈をしてしまったというのです。

これは到底通用しない釈明ですよね。それが真実なら、悪質タックルをした時点で選手を交代させるなり注意するなりできたはずですから。それもせずに選手が誤解していただなんて。

被害者父の反応

関学の被害者の父である奥の康俊さんは「絶対に許されないことだ」と日大を批判しています。19日時点で監督から謝罪されていますが、「日大選手がどうしてあのようなプレーをしたのかの説明がなかったし、指示があったかも(監督が)話されなかったので釈然としない」と遺憾の意を示していました。

現在は刑事告訴も検討しているといいます。その一方で、謝罪会見を行った宮川泰介選手に対しては、「勇気をもって真実を話してくれたことに感謝する」と述べました。宮川泰介選手の反省の意は伝わった一方で、日大の対応への不信感は拭えないということですね。

日大フェニックスについて

日大フェニックスは日本大学保健体育審議会に所属するアメフトチームです。日大には学部ごとに異なる地域にキャンパスがあるため、日大直属の保健体育審議会の部活動とは別に各学部ごとに運動部があります。

アメフト部も日大フェニックス以外に各学部に独立したチームがあります。宮川泰介選手は日大フェニックスに所属。

宮川泰介選手の住所

これはさすがに公開されていないですね。しかし、このような検索をYahoo!知恵袋で質問したりする人がいるようです。

まとめ

日大フェニックス・宮川泰介選手が起こした、悪質タックル問題。幸い被害者の関学選手は大事には至りませんでしたが、非常に大きな問題に発展しました。

宮川泰介選手は記者会見を開き謝罪。監督とコーチから圧力があり、精神的に追い詰められていく経緯を語りました。

日大側は宮川泰介選手の解釈違いだと主張し、監督・コーチには非がないというスタンスです。

これに対して被害者父は納得できず。刑事告訴も辞さない考えです。一方で、宮川泰介選手の謝罪に対しては評価をしています。

宮川泰介選手の住所は明らかにされていません。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です