主治医が見つかる診療所 黒砂糖のダイエット・美肌効果

12月14日(木)放送の「主治医が見つかる診療所」で紹介された沖縄のスーパー調味料、黒砂糖。これについて調べると、そのダイエットや美肌など効能の豊富なことに驚き!ここでは、ダイエット・美肌を中心にその他の黒糖の効能についても紹介しています。

黒糖は沖縄で盛んに生産されている

黒砂糖(以下、黒糖)とはどのようなものかご存知でしょうか。黒糖は糖分以外にも多くの栄養素と成分を含み、さまざまな効果や効能が得られる砂糖であることは案外知られていません。

白砂糖と同じ砂糖ですが、原料はサトウキビで、日本国内において主なサトウキビの生産地である沖縄での生産が盛んです。甘みの中にコクがあり、まろやかな美味しさがあります。

沖縄では、ちんすこう、ちんびん、サーターアンダーギーなどに使われています。沖縄に旅行に行ったらお土産で買いますよね。

沖縄の特産品とも言える黒糖には甘みを感じる糖分だけでなく非常に多くの栄養成分が含まれており多くの効果、効能を持ち健康に役立つと言われています。

この黒糖、白砂糖とはどう違うのでしょうか。違いは、その精製過程にあります。

黒糖はサトウキビのしぼり汁を加熱、濃縮したものであり糖分の分離精製をしていないのですが、白砂糖はさらに不純物を取り除く工程を経て出来上がります。

しかし、白砂糖はその際に多くの栄養素が失われてしまっているのです。もったいない。

では、次は黒糖の効能をみていきましょう。美肌やダイエットに有効なんですよ。

スポンサーリンク


黒糖のダイエット効果

ダイエット中に甘いものが食べたくなった黒糖の出番!甘いものを我慢する必要はもうありません。

黒糖を使ったお菓子やパンは腹持ちもよく、ダイエット中の食べ過ぎを防いでくれる効果もあります。黒糖は白砂糖の8倍の時間をかけて消化されるのですよ。

しかも黒糖のお菓子は栄養も豊富なのがうれしいところです。

では、この黒糖のダイエットに関係する効能をみていきましょう。

フェニルグルコシドが糖分の吸収を抑制

黒糖には、「フェニルグルコシド」という成分が豊富に含まれています。

これは、摂取された糖分の吸収を抑えてくれる働きがあると言われており、ダイエットに有効な成分なのです。

白砂糖に比べ糖分(ブドウ糖)の吸収を抑制する結果、インスリンの分泌量を抑えることができ、これが肥満を防止することにつながります。

食べ物や飲み物から摂取された脂肪分が体内に吸収されるのを抑えてくれるので、体に体脂肪がつきにくくなり、肥満の解消に繋がります。

ラフィノースが便秘を解消

黒糖には、「ラフィノース」という成分も豊富に含まれています。

これには、整腸作用があると言われており、便秘の解消に効果的。

ヨーグルトのように善玉菌を増やし、その善玉菌が大腸まで届くので、悪玉菌を抑制しつつ善玉菌が増殖していきます。

ラフィノースによって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなる、デトックス効果を期待することができ、おすすめの成分です。

オフタコサノールで悪玉コレステロール減少

黒糖には、「オフタコサノール」という成分も豊富に含まれています。

このオフタコサノールには、血液中に存在する悪玉コレステロールを減少してくれる働きがあると言われており、血液中の悪玉コレステロールが減ることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に繋がるのです。

次は、美肌効果です。

スポンサーリンク


黒糖の美肌効果

黒糖には美肌効果もあるのですね。これはパックなどにして化粧品として使用するということです。

黒糖に含まれる黒糖オリゴは保湿・抗菌・殺菌力があり素肌に使用することで、肌荒れの改善や、アトピー、にきびなどにも効果があるといわれています。

そして、最近の研究により黒糖オリゴにはしみの元となるメラニンを助成するチロシナーゼという酵素を阻害し、しみ・そばかす・色素沈着などの美白成分があることが判明しました。

つまり、美白効果にも有効ということです。

黒糖はお肌に直接使うことができます。黒糖入りの石鹸で顔を洗ったりすることで肌のうるおいを保ちます。黒糖入りシャンプーで髪を洗うと、しっとりツヤツヤに洗いあがるようです。

このように黒糖はサトウキビの絞り汁から作られる、敏感肌にも適した天然保湿成分なのです。

黒糖には本当に多くの効能があります。次はその他の効能についてみていきましょう。

スポンサーリンク


黒糖のその他の効能

黒糖は、カリウム、鉄、カルシウム、亜鉛、ミネラル類等を豊富に含むため、これらの栄養成分が不足しがちな習慣を持つ人や食生活の乱れている場合、疲労や塩分過多など黒糖のさまざまな効能が病気の予防や改善に効果が高いと言われています。

これら黒糖に含まれる主要栄養成分の働きを確認していきましょう。

ミネラルが豊富

黒糖には、ミネラル成分が豊富なので歯や骨を強化する効果が期待できます。なんと上白糖の240倍のカルシウムが含まれています。

ミネラルは不足するとイライラしたり心の健康にも影響しています。

ビタミンが皮膚や粘膜の再生を促す

黒糖には次のようなビタミンが含まれています。

肌荒れを予防するビタミンB1
肌荒れや口内炎、目の炎症を予防するビタミンB2
免疫力を高めて健康な肌を作るビタミンB6

上記のビタミンは、肌や粘膜などの再生を促す作用もあります。

鉄分量が豊富

鉄分が減少すると貧血になったり疲労を感じやすくなります。

一般的な砂糖は精製されるために鉄分が少ないのですが、煮詰めて栄養素を凝縮している黒糖は鉄分量が豊富です。

白砂糖には100ℊ当たり0.1㎎程度の鉄分しか含まれていませんが、黒糖には100ℊ当たり4.7㎎程度の鉄分が含まれています。

白砂糖では得られないパントテン酸

パントテン酸は、熱や酸に弱いという特徴があるので食品から摂取することは難しいと言われています。

しかし、黒糖の場合はそのままの状態で摂取できますので、効果が損なわれることがありませんのでお勧めの食品です。

このパントテン酸には脂質や糖質の代謝に関わる働きを持ちエネルギーの代謝とても重要です。

砂糖よりも多いカリウム量

黒糖には非常に多くのカリウムが含まれています。

含有量は100g辺りで1100mgものカリウムを含み、きび砂糖、甜菜糖、和三盆、上白糖などとは比べ物にならない位の含有量です。

カリウムにより体の中の余分な水分や老廃物が貯留しないようになるので、むくみの解消になります。

砂糖の中でもGI値が低い

GI値とは、食後の血糖値がどのくらい上昇するのかを表す数値です。

食事をすると血糖値が上がり、GI値が高くほどインスリンは分泌されます。このインスリンの分泌量が多いほど脂肪が体に蓄積しやすいので、できるだけGI値が低い低GI値食品を摂ることが望ましいと言われています。

血糖の急上昇を抑えるというのは、最近のダイエットの常識ですよね。

砂糖は糖度が高いので基本的にGI値が高いのですが、黒糖は白砂糖と比べるとGI値が低い食品です。

スポンサーリンク


まとめ

ここまでご紹介したように黒糖には様々な栄養素が豊富にあります。

一般的に糖分があるものはカロリーが高く太りやすいですが、黒糖は白砂糖とは栄養成分が違うので体型が気になる方にはオススメの砂糖です。

甘いお菓子が好きだけれどやめることができないという方は、ケーキやチョコレートではなくこの機会に黒糖を食べてみてはいかがでしょうか。

ダイエットにも、美容にも、健康にもいい黒糖。ぜひこの機会に手に取ってみてください。

関連記事
▶︎主治医が見つかる診療所 えごまパウダー