マツコも驚くyoshikiの香り…どんな香水をつけているの?

1月9日(火)放送の『マツコの知らない世界SP』に出演したX JAPANのYOSHIKI。マツコが惹きつけられた、全身バラみたいなYOSHIKIの香り。驚くほどの良い匂いにマツコ興奮!YOSHIKIがつけている香水とは?

また、YOSHIKI同様、美意識の高いマツコの愛用している香水についてもご紹介しています。

影響力がスゴすぎるYOSHIKI

1月9日(火)放送の『マツコの知らない世界SP』でマツコと初共演したのは、X JAPAN YOSHIKI。最近バラエティ番組によく出演していますよね、ファンにとっては嬉しい限りです。

ここ最近では、元日に行われた『芸能人格付けチェック』に、GACKTと同じチームで出演しました。その際YOSHIKIが食べていたお菓子に注目が集まりネットで大きな話題となりました。

YOSHIKIは格付けの問いに回答したあと、控え室で待機しているのですが、その時にお菓子を何個も口に運んでいました。そこで、「このお菓子は何か?」と視聴者が調べ始めたのです。

思いもよらず注目を集めることとなった、このお菓子は「銀座あけぼの」のチーズおかきでした。お店のサイトにはアクセスが集中してサーバーは一時ダウン、注文が殺到して売り切れ状態になりました。すごい影響力ですね…。

500円程度とリーズナブルな価格で、庶民的な、ごくごく普通のお菓子ですが、YOSHIKIが食べると高級な洋菓子にすら見えます。飛ぶように売れるのもどこか自然と納得できてしまいます。

YOSHIKIは『しゃべくり 007』にも出演。これは実に8年ぶりのトークバラエティ出演で、謎に包まれていた私生活が垣間見えたと大きな話題となり、平日夜の番組では異例の21.6%の視聴率を記録。

YOSHIKIが出演した番組が軒並み高視聴率を記録する現象が起こっています。さすがですね。

さて、今回『マツコの知らない世界SP』では、マツコがYOSHIKIのあまりに良い匂い」に思わず感動。一体、YOSHIKIはどんな香水をつけているのでしょう?

YOSHIKIの使っている香水とは?

YOSHIKIの好きな香水 CHANELエゴイストプラチナム

マツコいわく、全身からバラみたいな香りがする。そして”息まで良い匂い”がするYOSHIKIですが、香水はどんなものを使っているのでしょうか?

そんなに高価なものでないなら購入も検討したいですし、とにかく情報があるのなら知っておきたいところですよね。

ファンならずとも香水が好きな方は気になります。


YOSHIKIは普段いろんな香水を使うそうですが、CHANELのエゴイストプラチナムはYOSHIKIが好きな香水の中で代表的なものです。過去に、周りから「エゴイストだからあってるんじゃない?」と言われたことがあるのだとか。

 CHANELエゴイストプラチナムを楽天で見る

そして、YOSHIKIは自身でも香水のプロデュースをしています!

YOSHIKIの香水第1弾 Larme


その第1弾が「Larme」という香水。1993年10月18日に発売されました。フランス語で「涙」という意味。現在では入手困難な激レアアイテムとなっています。

YOSHIKIの香水第2弾 Battre Sang


そして、2016年、23年の時を経て発売された第2弾が「Battre Sang(バトゥ サン)」です。

これは、フランス語で「攻撃」「叩く」「羽ばたく」という意味の“Battre”、「血」という意味の“Sang”から名付けられたものです。

このふたつの単語を組み合わせ、「狂気の血」「快感の血」「躍動の血」という意味が込められています。

X JAPANの代表曲『紅』を彷彿とさせるような鮮やかな赤色のボトルが印象的なBattre Sangは、官能的なフローラルムスクの香調


この香水は昨年7月に完全限定生産でプレミアム版を発売。今年1月に通常版を発売した際には、楽天 香水・フレグランスランキング第1位(2017年1月31日更新)を記録。瞬く間にメーカー欠品状態となりました。

そして再販が決定し、6月末に再入荷した際には、なんと対象商品2億点もの中から楽天総合デイリーランキング第1位(2017年6月17日10時更新)を獲得しました!香水・フレグランスというジャンルのトップにとどまらず、楽天商品すべての中のトップという意味ですよ?

YOSHIKIブランドおそるべしです。第1弾のLarmeと同じようにBattre Sangもいずれ入手困難となっていくかもしれませんね。

Battre Sangを楽天で見る

YOSHIKIの香水第3弾 Battre Sangサファイアブルーバージョン

最後に、第3弾として、2017年7月にBattre Sangの第2弾“サファイアブルーバージョン”も登場しています。こちらの商品の一般販売はmu-moショップ、フィッツオンラインストア、-PARFUM de EARTH-、avex beauty method SHOP、全国のHMV店頭およびローチケHMV等で行なっています。

サファイアブルーバージョンは楽天ではまだ販売していませんが、いずれ購入できるようになるのでしょうか。

YOSHIKIの香水レビュー


YOSHIKIプロデュースBattre Sangのレビューを紹介。まずはTwitterから。

お次は楽天のレビューから引用。

「普段はCHANELやDiorを愛用していますが、想像をはるかに越えた素晴らしい香りで癒されます」

「こだわりのある方の香水らしく、フローラルをベースに個性的な香りです。私の肌だとフリージアが強く出ます」

「私は強い香り(よくあるラストのパウダリーとか)が苦手なのでサンタマリアノヴェッラを普段は使っているのですが、バトゥサンは良い意味で期待を裏切られました!!パッケージからもっと濃厚で甘い香りを想像していたのですが、とても上品で強すぎないし全然酔いません」

「軽やかで、とても華やかな香りです。けどキツくない♪」

これらから推測されるのは、刺激的な赤いボトルのように濃厚な香りかと思いきや、実際はどちらかといえば軽やかな香りであるらしいということ。それでいて個性的なフレイバーもあるようです。また、男女問わず使える香りだということも言えそうですね。おそらく、好き嫌いがはっきりと分かれてしまうようなタイプではないのでしょうね。

このYOSHIKIの香水ももちろん気になりますが、次はYOSHIKI自身愛用するCHANELの香水についても、少し紹介したいと思います。

YOSHIKIも愛用するCHANELココマドモアゼル

YOSHIKIはCHANELのエゴイストプラチナムのほか、”ココ”も愛用している(た)とよく紹介されています。何でも、昔好きな人がつけていたのだとか。

この”ココ”というのは、「ココ マドモアゼル(COCO MADEMOISELLE)」のこと。

CHANELの香水といえば、”No.5”などが特に有名なのかなと思いますが、個人的に、このココマドモアゼルを紹介したいと思います。

実はボク自身、最近一目惚れした香水です。

先日、夜の街の、とある女性からすごくいい香りがしていました。何の香水なのかと聞くと、CHANELのココマドモアゼルだと教えてくれました。「ココマドモアゼル」って最初聞きとれませんでしたが。

それは、”CHANEL”らしい気高かさがありつつ、淡くて、甘くて、そしてどこかレトロな雰囲気がそっと包みこんでくれるような香り。

そして、彼女はこんなエピソードも話してくれました。

昔彼氏がつけていてその香水を好きになった、というか、その香水をつけていたからこそ、その彼を好きになったのかもしれないと。

YOSHIKIも同じだったので驚きました。でも、それも納得してしまうくらい、色気と優しさを兼ね備えた香りなんです。


夜の街で出会った女性が話してくれたエピソードも相まって、ボクはこの香水をスグに気に入って、少しお高めですが、次の日には購入していました。

この香水をつけていると、女性から「いい匂い」と言われることが多いです。トップノートは強めでCHANEL感がしっかりとありますが、ミドル〜ラストノートにかけて甘みを増してやわらかくなり、最高のフレイバーと化していきます。

すごくオススメです。ぜひ手に取ってみて欲しいです。

CHANELココマドモアゼルを楽天で見る

このシャネルのココマドモアゼルはマツコも愛用しているとの噂です。マツコはYOSHIKIに負けず劣らず美意識が高くて香水にも特別なこだわりがあるようです。ここでは、そんなマツコの愛用香水についてもご紹介したいと思います。

マツコが愛用する香水はセルジュルタンス

番組内でマツコの香水が話題に

センスと知性あふれる視点でコメントし、でテレビで見ない日はないマツコ。そんなマツコは「自分は香水依存症かも」というくらい香水を愛用しています。

マツコのレギュラー番組の一つ『マツコ&有吉の怒り新党』では、夏目アナが”マツコが歩いた後はいい香りがする”と発言。マツコが使っている香水の話題になりました。

マツコが愛用している香水とは、セルジュルタンスです。

セルジュルタンスとは


マツコお気に入りはセルジュルタンスという香水で、「気体の宝石」とも呼ばています。フランスのパリで生まれた、高級フレグランス。

創業者のセルジュ・ルタンスは調香師ではなく、ブランドのプロデューサーであり、またファッションデザイナー、ヘアスタイリスト、写真家、映画監督、パフュームデザイナーという肩書きをもっている人物です。

香りはもちろん、香水のネーミングも独特な世界観があり興味をひきつけます。香りは東洋的でエキゾチックなものが多いのも特徴で、人と被らない香水を探している方にはよさそうですね。

マツコが愛用しているのは、このセルジュルタンスの香水のなかでも2ラインあります。

マツコが愛用するセルジュルタンスの香水①サンタルマジュスキュル

サンタルマジュスキュルとは


マツコの好きなセルジュルタンスの香水の1つ目はサンタルマジュスキュル(Santal majuscule)です。”夢物語のサンダルウッド”の意。「夢物語」とは素敵なネーミング。香りもさぞ夢見心地にさせてくれそうですよね。

どんな香りなのか、実際にこの香水を愛用している人のレビューがいちばん信憑性があるのでご紹介します。

「小分けを使いました。
日本語訳の名前も素敵ですが、そんな雰囲気の、どこか夢物語のような香り。

トップは、甘さもあって濃いめのウッディ、少し燻した感じもあり、コーヒーのようなニュアンスもあり、これは…ロードトラントだったかな?
結構前に、コーヒーの香りということで知られた香りを思い起こしました。
その後、確かにジュードポーのような部分が出てきて、次第にミルキーでパウダリーなサンダルウッドになり、そのまま自然に消えていきます。
香りはトップ以降は細く長く続いて、あまり拡散しない感じ。

包み込まれるような優しさがあり、こちらも気持ちよく眠れます。
パウダリーなほんわりしたウッディ部分が、夢物語のようというか、尖った部分も男性的すぎる部分もなく、かといっていかにもなレディースでもなく、まさにユニセックスですね。」

『@cosme』というサイトの36歳mimiwanさんのレビューです。ウッディ、ミルキー、ユニセックスというところが気になりました。ざっくりといえば、大人な落ち着いた香りで男性・女性問わず使えそうな印象ですね。

サンダルウッドとは


「サンダルウッド」とは、「白檀(ビャクダン)」の名で芳香用のお香などにも用いられている高木。その香りは昔から邪気を払う効果があると言われ、現在も仏教・ヒンドゥー教寺院で焚かれています。

リラックス効果も高く、集中力が研ぎ澄まされます。近年ではサンダルウッドの香りを嗅ぐことで脳も活性化され、脳も若返ることが実証されているそうです。

このサンダルウッドの香りがマツコの機転のきいたコメントを引き出しているのかもしれないですね。

サンタルマジュスキュルを楽天で見る

マツコが愛用するセルジュルタンスの香水②サマジェステラローズ

サマジェステラローズとは


マツコ愛用セルジュルタンス香水の2つ目はサマジェステラローズ(Sa Majeste La Rose)です。これは”バラの女王”という意味。世界中から集めたバラをひとつの香水にしました。

バラということでイメージ的には気品が高く、そして女性向きな香りでしょうか。実際どうなのかこれもレビューを参考にしてみたいと思います。

赤い薔薇を煮詰めたような甘酸っぱい香りです。
濃く酸っぱい香りから,ラッシュのボディソープ,ローズジャムを思い出しました。

暖かみがあり華やかで,ヨーロッパのクリスマスという感じ。
同ブランドのベルリンの少女が寂れた古城なら,こちらは広い庭のある屋敷という感じです。
銀食器とかアンティーク家具がありそうな。

ベルリンの少女よりは,背伸びせずに着けられそうですね。
同ブランドのアラニュイよりは香り持ちがいいと思いました。
よくあるパウダリーなローズは苦手で,このような酸味のあるローズが好きなので,私にはツボでした。

体温で温まらないとツーンとトニック臭がすることがあるので、手首や首筋に加えお腹などにも吹き付けています。蜜のような残り香があります。」

これも『@cosme』から36歳三太夫さんのレビュー。「ヨーロッパのクリスマス」てシャレた表現されますよね。抽象的ですが、どんな香りなのか強烈に気になります。

ローズの香り


デートなどの特別な日、女性らしさをグッと引き上げてくれること間違いなしのローズ系香水。ローズの香りには、フェロモンアップリラックス効果などがあります。

ローズは、クレオパトラ、、マリー・アントワネット、ナポレオン皇妃であったジョゼフィーヌなどの歴史上の人物にも愛されていました。香水のない時代は、お風呂に入れたり、お部屋の装飾に使われたり、お酒に入れて飲んだりしてローズを楽しんでいました。

そんなローズはやはり女性という印象が強いですが、YOSHIKIのように細身の男性が使っても、また逆に無骨そうな男性が使ってもギャップ萌えしてカッコよさそうです(この香水については楽天で見当たりませんでした)。

セルジュルタンスの香水全般を楽天で見る