齋藤飛鳥の写真集売上と坂道メンバー写真集の売上・歴代総写真集の売上との比較

お越しくださりありがとうございます。

この記事では以下のことがわかります。

齋藤飛鳥について
坂道メンバー写真集売上ランキングTOP5
歴代総写真集の売上ランキングTOP5

今、写真集の売上を伸ばしているタレントといえば乃木坂46を中心としたメンバーたち。

そのなかでもトップクラスの齋藤飛鳥を中心に坂道メンバーの売上ランキングをみていきたいと思います。

歴代の総写真集の売上についてもご紹介しています。



齋藤飛鳥について

齋藤飛鳥ってどんな女の子?ファンの方にはいうまでもありませんが、かんたんにご紹介したいと思います。

齋藤飛鳥は超小顔


乃木坂46のなかでも齋藤飛鳥は「小顔」で知られています。

身長は158㎝と高くはないのですが、顔の大きさが小さいので約9頭身になります。

この身長の9頭身はモデルを見渡してもそういないでしょう。小さくてスタイルもいいっていうのは、男からするとより理想的に思えます。

高身長で自分と同じくらいか高いより、背が小さくて小動物的な方がかわいいですよね。

関連記事
齋藤飛鳥の顔の大きさは◯cmという驚異的な数字

齋藤飛鳥は毒舌


そして、からの「毒舌」キャラときます。

「どうせお前らクリスマス過ごす相手いねぇだろ!!」
「最後まで見ないと殴るぞ!!」
「就職できても、できなくても、お前の人生たいして変わんねーよ!!」

などなど。

でも、あのビジュアルから放たれる毒舌に、ある種のエクスタシーを感じるファンも多いのでは?ツンデレ好きにもたまらないのではないでしょうか。

ちなみに齋藤飛鳥はミャンマーの父親をもつハーフなんですね。ミャンマー人と言われてもピンとこないですが、何にせよいいブレンド具合であんなにかわいくなったのですね。

関連記事
齋藤飛鳥って性格悪そうとか言われるけど実はどうなの!?

齋藤飛鳥の写真集売上


齋藤飛鳥の写真集『潮騒』は2017年1月に発売されました。ファースト写真集ですね。

この売上が、約15万部です。

「1万部売れればヒット」と言われるのが現在の写真集業界ですから空前の大ヒットと言えますね。

それでは、他の坂道メンバーの売上はどうなのか比較してみたいと思います。

関連記事
齋藤飛鳥の画像で全身が写っているものを徹底的に集めた!
齋藤飛鳥の画像で高画質なものをCheckする方法!



坂道メンバー写真集売上ランキングTOP5

第1位 白石麻衣『パスポート』28万部


これはわかりますよね。白石麻衣のセカンド写真集『パスポート』です。

売上は約28万部です。2017年2月に発売され、度重なる重版が話題となりましたね。

第2位 長濱ねる『ここから』17万部


第2位は欅坂46から長濱ねるの『ここから』。

この写真集は2017年12月の発売ですからまだ発売されてから間もないんですね。

それでこの売上ですから勢いがすごい。長濱ねるの人気とともに、他の坂道メンバーの写真集の売上がいいことも追い風になったのでしょうか。

欅坂46はドコモのCMに出演して、高層ビルの屋上で長濱ねるが綾野剛と絡んでいますね。

関連記事
長濱ねる 大学での目撃情報

第3位 西野七瀬『風を着替えて』16万部


第3位は西野七瀬。これは2016年9月発売。

西野七瀬はドラマ『電影少女』に主演したり、CM『ビオレUV』にも出演するなど人気急上昇です。

2018年5月9日には1stフォトブック『わたしのこと』 も発売になります。

Amazonやセブンネット限定表紙Ver.があります。ファンならすべてそろえたくなりますね。

関連記事
西野七瀬の画像で高画質&壁紙にできるものをCheck!
西野七瀬が電影少女でバスタオル一枚に

第4位 齋藤飛鳥『潮騒』15万部


ここに齋藤飛鳥『潮騒』がきます。2017年1月発売。

でも、2位から4位までって17万、16万、15万と僅差ですね。

この辺はざっくり言えば同じくらいの売り上げと言えます。

第5位 生田絵梨花『転調』8万部


5位は生田絵梨花。8万部。上位4人が売上的にはダントツというところですね。

それでは次は歴代の「総」写真集売り上げTOP5をご紹介します。



歴代総写真集の売上ランキングTOP5

第1位 宮沢りえ『SantaFe』155万部


歴代総写真集の売上トップに君臨するのは宮沢りえの『SantaFe』で、なんと155万部!

白石麻衣『パスポート』28万部すら、かるくくすんでしまいそうな売上です。

1991年の発売で当時人気絶頂だった宮沢りえのヘアヌード写真集で、大きな物議を醸しました。

宮沢りえといえば森田剛と結婚して今話題ですね。元カレの貴乃花もずっと注目の的ですが。

関連記事
貴乃花と宮沢りえの破局理由とは?時を同じくして注目される2人

第2位 菅野美穂『NUDITY』80万部


これも当時大きな話題となりました。話題というか何の前触れも事前告知もなく発売されたヘアヌード写真集で世間が騒然となったのを記憶しています。

清純派アイドル菅野美穂がヌードになるということでかなりの衝撃を与えました。

その写真集の会見では涙を見せたことも印象的でした。

第3位 樋口可南子『Waterfruit』55万部


今はソフトバンクのCMでおなじみの樋口可南子。

写真集は1991年の発売。宮沢りえの『SantaFe』と同じ年です。

一種の写真集ブームとも言える年だったんですね。

第4位 島田楊子『KirRoyal』55万部


国際女優である島田楊子が40歳のときに突然発売した写真集です。

1992年発売。

第5位 川島なお美『WOMAN』55万部


2015年に亡くなられた川島なお美の写真集。

1993年発売です。1991年の宮沢りえからこの頃まで写真集ブームが続いていたと言えそうです。

現在あんなに騒がれている白石麻衣ですらこの半分程度ですもんね。

インターネットの普及で当時とはメディアの多様性が異なるので単純な比較はできませんが、すごいのはわかりますよね。



齋藤飛鳥の写真集売上と坂道メンバー写真集の売上・歴代総写真集の売上との比較まとめ

斎藤飛鳥の写真集『潮騒』は15万部の売上で坂道メンバーのソロ写真集のなかでは第4位にランクイン。

2位から4位は僅差なのでこれからランキングが変化する可能性も大いにありそう。

歴代の1位は宮沢りえでした。155万部と圧倒的。

齋藤飛鳥はビジュアルだけでなく「毒舌」も売り?なので写真集など画像だけでなく動画でも楽しませてくれます。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

関連記事
齋藤飛鳥の脇汗inグアム
齋藤飛鳥の彼氏が安蘭けいだと噂になる男の心理
齋藤飛鳥の彼氏はハリー杉山なの?
齋藤飛鳥はハーフで母親がミャンマー人!ミャンマーの人ってどんな顔だちをしてるのかCheck!
西野七瀬が電影少女で美脚を見せつける!
西野七瀬が電影少女でダンス披露したシーンがアツい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です