おじゃマップでわかった高橋由美子の若い頃

12月20日(水)放送のおじゃマップに高橋由美子が出演しました。元スマップの稲垣五郎と高校の同級生で一緒に帰ったりしていたそうですね。この高橋由美子の若い頃を調べてみました。

高橋由美子のかんたんな情報

高橋由美子は1974年1月7日生まれの43歳。1990年に『20世紀最後の正統派アイドル』と評され人気を博しました。

1994年に主演したテレビドラマ『南くんの恋人』が話題を呼び、主題歌『友達でいいから』は初のオリコンチャートTOP10入りを果たし、約40万枚を売り上げるヒットとなる。『南くんの恋人』は武田真治と共演したドラマでした。2004年には嵐の二宮と深田恭子のものが放送されていましたね。

高橋は『ショムニ』シリーズでも知られていますよね。このドラマがきっかけで従来の清純派アイドルというイメージから個性派女優への転身に成功したのではないでしょうか。

高校の頃、稲垣吾郎と同級生で友達だった2人。この時付き合ったりはしなかったのでしょうか。

スポンサーリンク


高校生の頃の高橋由美子と稲垣吾郎

高校は堀越学園でよく一緒に帰っていたという2人。この時お互いのことをどう思っていたのでしょうか。

稲垣は高橋子と2人になるとドキドキしていたといいます。当時はお互い多忙なアイドル同士、学校の校則でも恋愛禁止だったので付き合うにいたることはありませんでしたが、稲垣は高橋のことを好きだったと過去に他の番組の中で語っていたことがあります。

稲垣が好意を寄せたほど、確かに高橋は今見てもとても魅力的。若い頃ならなおさらでしょうね。高橋の若い頃の画像を集めてみました。

スポンサーリンク


高橋由美子の若い頃の画像

高橋由美子の若い頃って本当にかわいいいです。さすが、20世紀最後の正統派アイドルです。43歳の今も十分に綺麗ですが。

やっぱり若い頃が気になりますよね。いや、でも改めて見ると可愛さは本物ですね。今で言えば、橋本環奈や広瀬すずレベルと行っても過言じゃない。

スポンサーリンク